雨漏り被害を抑える応急処置~雨漏り修理の業者が来るまでの対処法~

自宅に現れる雨漏り問題~業者に連絡すれば即座に対応~

突然の雨漏り~業者が来るまでの応急処置~

雨漏り修理の業者へ連絡し、自宅へ来てくれるまでの間も、雨漏りによる水滴は少しずつ家を蝕みます。業者が来るまでの間に自分でできる対処法はあるのでしょうか。

自宅でできる処置法

防水テープ
雨漏りが起こっている場所が明らかであれば、防水テープが役に立ちます。天井に貼り付けることで床材や家具の腐食を防ぎ、屋根裏に貼り付けられれば梁などの木材の腐食を防げます。
バケツ
雨漏りを放置すると、床材や家具の腐食やカビを招きます。水滴が落ちる場所の真下にバケツを設置することで、室内が濡れてしまうことを防げるでしょう。
サッシなら雑巾
窓のサッシなどから雨漏りが起きている場合は、雑巾を置いて水を吸い取らせるとよいでしょう。また、あらかじめ雑巾の下にビニール袋を設置して、窓台を濡らすことを防ぐのも重要です。
コーキング
ホームセンターなどで売られているコーキングを用いることで、雨水の侵入口を塞ぐことができます。周辺にマスキングテープを張り、プライマーを使うことで綺麗に埋めることができるでしょう。

やってはいけない処置もある

前述したコーキング処理は、元々は建物施工のプロが行なう処理方法です。素人が行なうと屋根を伝う水の流れが変わり、悪化する恐れがあります。 また、ブルーシートの固定や、剥がれた板金の修復のために釘を打つのはやめましょう。力加減を誤り、屋根に穴を開けてしまう可能性があるのです。

応急処置する時の注意

これまで紹介した方法はあくまで「応急処置」であるため、きちんと業者の雨漏り修理を行なってもらわなければ、雨漏りの再発や悪化を招く恐れがあります。また、これらの応急処置では屋根に登っての作業も行ないます。高所から落下するリスクもあるため、行なう場合には細心の注意が必要となるのです。

まとめ

家を雨漏りから守るために応急処置を行なうのは効果的です。しかし、無理に行なおうとすれば大きなリスクを被る恐れもあります。自力での処置が難しいようならば、無理せず業者に任せましょう。

TOPボタン