劣化具合によって変わる雨漏り修理費用【放置すると費用も高い】

自宅に現れる雨漏り問題~業者に連絡すれば即座に対応~

対応してもらう前に雨漏り修理にかかる料金が知りたい!

実際に雨漏り修理を依頼する場合、多くの人が気になるのが費用の相場です。一体どれくらいの費用が必要となるのでしょうか。

雨漏りにかかる料金って?


修理を依頼したいのですが、料金ってどれくらいですか?
修理を行なう業者によって設定金額が異なるので、具体的にどれくらいかといったことは断定できません。しかし修理のだいたいの相場は決まっているので、目安とすることはできます。

修理にかかる料金相場

  • ・ 屋根修理:20万円から100万円
  • ・ 屋根葺き替え:100万円から300万円
  • ・ 外壁の修理:20万円から200万円
  • ・ コーキングの修理:3万円から25万円

正確な料金が知りたい

雨漏り修理の費用は、建物の状態によっても細かく変わります。修理にどれだけの費用が必要となるかは、実際に現地で調査をしてもらう必要があるでしょう。作業員に家の状態を調べてもらうことで、修理費用の見積もりを出してもらえます。

お金を払ったのに再発したら?

雨漏り修理を行なう業者は、一定の期間の間に雨漏りが再発した場合、無料で再施工を行なってくれるという保証サービスを行なう業者も多く存在します。費用の安さだけではなく、こうした保証サービスなどのアフターフォローが充実した業者を選ぶのも重要なのです。

雨漏り修理は保険が適応される

雨漏り修理は高額な費用が掛かると多くの人は考えます。しかし実は、雨漏りなどの被害は保険によって安くすることもできるのです。

住宅瑕疵(かし)担保保険

住宅瑕疵担保保険とは、建ててから10年未満の住宅に何らかの欠陥が現れた場合に、適用できる保険です。「新築住宅の保険」とも呼ばれ、この保険が適用できればほぼ無料で雨漏り修理を行なってもらえます。 この保険に加入していなくても、建築業者が出した保証金から支払われる「供託」と呼ばれる制度により、補償を受けることが可能です。

火災保険

火災保険は、火災だけではなく風や雪、ヒョウなどの自然災害によって建物が損害を受けた場合にも適用できます。台風や大雪が原因で雨漏りが発生した場合、火災保険で修理費用を支払うことができるでしょう。

TOPボタン